平成30年7月豪雨災害 関連情報
災害の数値等は今後変わることがあります。

2018(平成30)年8月13日更新

 このページは、
 ・国土交通省ホームページ
 ・国土交通省砂防部ホームページ
 ・内閣府ホームページ
 ・気象庁ホームページ
 等に掲載の資料をもとに作成しています。
INDEX: 気象概要  災害概要  災害写真 関連リンク集

 
気象概要 
気象庁ホームページ---平成30年7月豪雨について より

6月28日以降、梅雨前線が日本付近に停滞し、また29日には台風第7号が南海上に発生・北上して日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、台風第7号や梅雨前線の影響によって大雨となりやすい状況が続いた。このため、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、各地で甚大な被害が発生している。
前線や湿った空気の影響で、6月28日〜7月8日(9時)までの総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリ、九州北部地方で900ミリ、近畿地方で600ミリ、中国地方で500ミリを超えるところがあるなど、7月の月降水量平年値の2〜4倍となる大雨となったところがあった。また、九州北部、四国、中国、近畿、東海地方の多くで24、48、72時間降水量の値が観測史上第1位となるなど、これまでの観測記録を更新する大雨となった。


 
災害概要 (平成30年8月7日12:00時点)
数値等は今後変わることもあります

国土交通省ホームページ---平成30年台風第7号及び前線等による被害状況等について
国土交通省砂防部ホームページ---平成30年7月豪雨による土砂災害の発生状況 より


土砂災害発生件数(7月2日以降を集計)
(都道府県報告)1道2府28県

発生災害  発生件数 
土石流等 480
地すべり  52
がけ崩れ 1,042
合計 1,574


 被害状況
 

  人的被害 建物被害   
  死者  行方
不明者 
負傷者  全壊  半壊   一部
破損
土石流等 84 8 20 35 31
地すべり        1 1 3
がけ崩れ 35   19 45 37 170
合 計  119 27 66 73 204
 


内閣府発表の死者・行方不明者及び負傷者等の全体数については以下の通
内閣府ホームページ防災情報のページ---平成30年7月豪雨による被害状況等について より
消防庁情報:平成30年8月7日13:30現在

人的被害 住家被害   
   死 者   行方不明者  負傷者
(重症・軽症・程度不明) 
   全  壊        半 壊      一部破損  
220 10 388 5,443 6,597 3,249
 ※そのほか、連絡がとれない者の情報有り

 
災害写真  国土交通省砂防部ホームページ-平成30年7月豪雨による土砂災害概要 より 

調査中 土石流等 広島県安芸郡熊野町川角
 
 
  土石流等 広島県広島市安佐北区口南5丁目



 
関連リンク集


  国土交通省---平成30年7月豪雨 関連情報 
 
   
 
  国土交通省砂防部---平成30年7月豪雨土砂災害関連情報   
 
 
  内閣府---防災情報のページ