わかりやすい砂防技術 / 著者:水山高久


   
         平成27年3月刊行 
わかりやすい砂防技術

著者:水山高久(京都大学大学院農学研究科教授)

発行:(一社)全国治水砂防協会
  
砂防と治水150〜168号連載内容に新たに14編を追加。写真,図多数収録。 
 
表紙

平成27年3月刊行
発行:(一社)全国治水砂防協会
A4版 92頁

価格:1,296円
(本体1,200円+税)

現在販売中です

 
 誌面より

           目   次

  1 山地河川(渓流)の特徴(1)
   2 山地河川(渓流)の特徴(2) 
  3 土砂の生産
   4 土砂の流出,堆積 
  5 砂防計画
  6 砂防堰堤
  7 スリット砂防堰堤
  8 鋼製砂防構造物(鋼管製透過型砂防堰堤)
   9 土石流の常識,非常識 
  10 山腹工 
  11 活火山の砂防 
  12 砂防ソイルセメント
  13  流木対策
  14 天然ダムによる河道閉塞とその対応
  15 流砂系土砂管理
  16 警戒避難と基準雨量
  17 森林の洪水・渇水防止効果(緑のダム)と崩壊防止効果
  18 地震に伴う土砂災害と砂防 
  19 貯水池上流砂防のための構造物と施設配置計画
   20 下流に流路が準備できないゼロ次谷等の土石流対策  -土石流フェンスの提案-
   21 土砂災害の特徴と警戒避難 
   22 管理の視点から見た砂防計画論 
   23 砂防における情報と対応技術のバランス  
   24 砂防堰堤の土砂調節効果 
   25 流砂観測と山地流域の管理 
   26 危機管理(東北地方太平洋沖地震を受けて) 
   27 耐土砂災害サバイバルルーム(SR)の開発 
   28 シャッター砂防堰堤へのプロセス  
   29 砂防堰堤が透過型になると変わること 
   30 海外の山岳地域における災害リスクの増大に対する取り組み 
   31 危機管理型砂防を支援する平時からの情報システム 
   32 急傾斜地崩壊防止施設
  ※1〜18は砂防と治水150〜168号に「わかりやすい砂防技術」として連載